CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
<< Vol.496 たくさんの想いを。 | main | Vol.498 またしても今さらですが。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
Vol.497 いまさら感想文。
こんばちわ♪


もはや9月も終わりですよ。
最近暑かったり寒かったりで
何着たらいいのか、さーっぱりわかんないよね。こまる。

年末の予定も早く立てたい気持ちでいっぱいなかんじなのですが…


まぁそんななか。
とうとう
とうとう、ブザビが最終回をむかえてしまいました。

ドラマが始まってから、ただの一度も感想を書いていなかったあたしですが(ちょっとこれどーゆーこと)
もちろん毎週リアルタイムで見てました。
…あ、24hTVの次の日のは間に合わなかったんだった。

でも、ほとんどは始まる前からそわそわとテレビ前でスタンバってたよ。

さらに、放送後はりぴに次ぐりぴ。

ほんっとに自信をもって言い切ることができるけど
いちばん長い時間見ていたドラマでした。

だから、そのぶんさみしさも倍増しているわけで。

実は最終回は、まだ1回しかりぴしてないんだよね。
だってさみしいんだもん。


さみしいって言えば、おるとろすも終わっちゃったね。
最終回は特に見所たくさんで楽しませてもらったよ。
亮ちゃん、おつかれさまでした。
加えて、ひかるがだいぶ好きでした。(なんて唐突な)
最後よかったよう、ひかる!!



ってわけで、続きから今さらブザビ感想です。
感想ってか、あたしがおもったことを並べてるだけだけど。
もはや需要もなにもあったもんじゃないしね。
でも自分の気持ちは残しておきたいので書きました。
最初にゆっときますが、長いです。
もっと簡潔にまとめる力が欲しいー。


そうそう。
別館の方ではお知らせしてましすが、ただいまゆるーいアンケートも実施しております。

早くもいろいろな方にお答えいただき、ありがとうございます☆

もうしばらくおいておきますので気軽にお答えいただければうれしいです。


My・P・ace記念アンケートはこちらから♪

ドラマが始まって、終わるまでの3ヶ月。
いや、ドラマが始まるっていう告知があってからを含めると4ヶ月強?

こんなに早かったのは初めてかもしれないなぁって、思います。


その間ずーっと直輝に恋してたよ、あたしも。


全体を通してみても、ものすごく大きな展開が起こるわけじゃない。
…まぁ、要所要所、ドラマな部分はあったけど。
特に後半はちょっと残念だったところも多かったな。


でも、登場人物それぞれが本当にどこかにいるんじゃないかってぐらい自然で
それぞれがどこか自分と重なる部分があって。

だからこそ、たくさんの人が共感しながら見ていたんじゃないかなぁと思います。


ドラマと同じような経験、みんなあるんじゃないかなー。

あたしもいろんなところが自分と重なったし
ちょっと昔のことを思い出したりもしました。

ってゆっても、直輝と莉子みたいに素敵なものじゃなかったけど、もちろん。


ドラマ見てたみなさんは、やっぱり莉子目線で直輝を見ていたのかなぁ?

あたしね、どっちかっていったら菜月目線だったのです。

と、いうか、菜月の気持ちの方がわかる
…ような気がする。うん

あ、勿論浮気したりだとか、嘘ついて人を貶めたりとかするのは共感できないよ。
莉子の気持ちを知っていながらわざと直輝の話するシーンとか、本気でイラッとしたし。


でも、どんな悪態をついていても直輝のことが本当に好きなんだろうなぁっていうのが伝わってきていたので
どうしても憎みきれなかった。

言葉が悪い菜月だったけど、間違ったことは言ってなかったしね。

菜月にガツンと言われて、直輝も自分自身を思い直した部分
たくさんあると思うもん。


だからこそ、最後にちゃんと菜月も笑っていたことにホッとしました。

まぁ正直、ウツさんが菜月を好きだって
わりと最後の方まで気がつきませんでしたけども、わたし。(あ、あれー?)


……って、あたし、着眼点が全く違うさね。
主人公2人ほっぽいて、なんで菜月の話をしてるんだろう。
まぁいいか。


でもね、このドラマを最後まで見ていてよかったなぁって気持ちになれたのは
主人公2人のハッピーエンドは勿論、悪い人が誰もいなかったってことだと思うのです。

代々木だって、女癖はまぁアレにしても根っからの悪い人じゃなかったし。

こんなに全部がうまくいくはずないじゃん、って言ってしまえばそれまでだけど
でもやっぱり、最後はみんなが笑顔で終われてよかったなーって、そう思ったよ。


あと、全編を通して思ったのは
色彩がすごく綺麗なドラマだったな、って。

緑とか青空とか海とか夕焼けとか
そういう自然の色と対比して
試合のシーンではユニフォームが黒とピンクだから
一気に雰囲気も変わって、色が変わると緊迫感も伝わってくるようなかんじがして
それがおもしろいなぁと思いながら見てました。


そして、要の主人公2人ですが。

莉子はほんっとにかわゆくてかわゆくて。
あたしが男だったら付き合うわー確実に。(聞いてない)

普段はきりっとした強めな顔立ちなのに
泣くシーンやノーメイクでふにゃって笑うとこでは
その顔立ちが崩れてたのが、逆にあたしは好きでした。

さっき書いたように、あたしは菜月目線になってたのもあるので
莉子の行動や気持ちが見ていてよくわからないときもあったんだけど
でも、莉子の素直でまっすぐなところは素敵だな、って思いました。


そしてそして、ようやく直輝です。

直輝ってゆうか、ぴぃちゃんてゆうか、直輝ってゆうか。(なに)

まぁ直輝も最初と最後で、ちょっとだいぶ人が変わっちゃったような気もするけど
それは莉子と出会っていい方向に変わったのだと捉えることにします。(勝手に)

直輝が纏っている空気が、柔らかくってすごく好きでした。


あと、目。

もともとあたしは演技してるときのぴぃの目が好きなので
(もちろん演技してないときも好きだけどさ)
直輝が好きっていうか、ぴぃが好きってことになってしまうんだけど、結局。

莉子を見つめる優しい目も
菜月の浮気現場を見て傷ついたときの目も
試合のときの真剣な目も
全部、すき。

ほんとに全部すき、でした。



Love makes me strong.

恋が人を強くするのかどうかはあたしにもよくわからないけれど
直輝と莉子が言ってたように、大切に想える人がいるだけで頑張れることってあるよね。


゙愛する゙
それはお互いに見つめ合うことではなく
いっしょに同じ方向を見つめることである。


゙星の王子さま゙の作者の言葉なのですが
2人は正にこういう関係なんだろうな、って思いました。

最後の2人の笑顔も、すごいよかったよね。



直輝を演じるぴぃちゃんが見れて、本当に幸せな3ヶ月でした。

改めて、ありがとうぴぃちゃん



| ぴぃちゃん | 02:14 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 02:14 | - | - | |
コメント
コメントする